みやビズ

2018年11月14日(水)
経営JIN

経営JIN(19)宮崎ケーブルテレビ

2017/11/08
20171107-20171107-04974.jpg 中島美幸会長(55)は雲海酒造社長。東京大を卒業後、都銀勤務などを経て同社と宮崎ケーブルテレビの役員を務めている。
中島美幸会長

中島美幸会長

 中島美幸会長(55)は雲海酒造社長。東京大を卒業後、都銀勤務などを経て同社と宮崎ケーブルテレビの役員を務めている。



岡本哲社長

岡本哲社長

 岡本哲社長(60)は2016年6月に就任。経営者に課せられた第一の使命として雇用の確保、賃金の安定支給を挙げる。賃金は「マイホームを持ち、子どもを産み育て、教育できる額」という。また、「顧客と同じ地域で暮らす従業員とその家族が、地元でお金を使い、納税することが結果的に地域貢献につながる」とも考える。

 「当社は装置産業」と語るように、高度な情報インフラとして機能するには設備・機器の更新が常に求められる。年間で億単位の費用を要するだけに「直近四半期、通年だけでなく、10年先の会社の姿を描かねばならない」。

 宮崎日日新聞社の出身。常に「地方紙」の記者という意識を持ち、大切にしてきた言葉がある。「粗にして野だが卑ではない」。県民目線に立ち、泥くさくとも正しい道を貫こうとする気概は今も変わらない。この姿勢は、宮崎ケーブルテレビが目指す「地域と共に歩む総合メディア」と重なる。早稲田大卒。新富町出身。


外山順也常務

外山順也常務

 外山順也常務(63)は営業局と総務局を担当し、総務局長を兼ねる。「キャッシュフロー経営を心掛け、将来のいかなる変化にも耐え得る盤石な財務体力づくりに取り組む」と力強い。若手社員たちの頑張りに目を細め、「来年度からの中期経営計画にも若手の意見を積極的に取り入れ、具現化したい」と語る。最近は「下手なゴルフをした休日に、3歳と1歳の孫とゆっくり入浴するのが最高のストレス解消法」とか。宮崎市出身。


林俊裕取締役

林俊裕取締役

 事業戦略室長を務める林俊裕取締役(57)は「誠心誠意」が信条。お客様サービス局と技術局を担当しており、「当社サービスを安定してご自宅までお届けすることを常に全社員が心掛けている」。最近、健康を意識して週1回程度のウオーキングを始めた。西都市出身。




佐山幸二取締役

佐山幸二取締役

 制作局担当の佐山幸二取締役(61)は「豊かな情報社会づくりに貢献するのが社の理念」とし、地域に寄り添い、役立つ番組づくりを心掛ける。旺盛な好奇心が邪魔をして「多趣味無芸」。猫を飼いたいが、妻は反対。インターネットで猫を見て癒やされている。鹿児島県鹿屋市出身。


 なかしま・よしゆき▽おかもと・てつ▽とやま・じゅんや▽はやし・としひろ▽さやま・こうじ


アラカルト
20171107-20171107-00903.jpg
 「お客様第一」の意識を徹底するため、社員全員が加入者とじかに接する「ふれあい活動」を2015年6月に始めた。幹部を含めた全社員を6、7人ずつ12班に分け、月1回、加入者宅を訪問。感謝を伝え、要望や困り事を聞き取っている。
 若手の自主性を伸ばすため、年齢が近い社員同士で班を編成。各班が毎月100戸ほどを回っているが、全加入者宅を訪れるにはあと2、3年は要する見込み。息の長い取り組みになるが、社員が顧客満足という共通目的に向け、行動を共にすることで部門を超えた社員間のつながりが深まっている。

会社概要
 情報格差の解消を使命とし、1989年7月に設立、96年9月に開局。ケーブルテレビ、インターネット接続事業などを手掛け、事業エリアは宮崎、西都市と国富、綾、新富、高鍋町。2017年6月末現在の加入件数はテレビ約5万7千件、ネット約3万2千件。17年3月期グループの売上高は48億2200万円、純利益は3億3400万円。グループ従業員数106人。本社は宮崎市祗園2の119。

アクセスランキング

ピックアップ