みやビズ

2018年8月19日(日)
経営JIN

経営JIN(12)宮崎太陽銀行

2017/07/26
20170725-20170725-taiyoBank.jpg 林田洋二頭取(67)は銀行マン人生の多くを取引先企業の支援業務に費やした。思い出深いのは、外国為替公認銀行の認可を得るための業務に携わった30代半ば。メガバンクへ派遣され、為替取引業務や取引先の輸出入支援などを学んだ。「最初は訳が分からず大変だったが、指導してくれた同僚は宮崎に帰った後も相談に乗ってくれた」と振り返る。
林田洋二頭取

林田洋二頭取

 林田洋二頭取(67)は銀行マン人生の多くを取引先企業の支援業務に費やした。思い出深いのは、外国為替公認銀行の認可を得るための業務に携わった30代半ば。メガバンクへ派遣され、為替取引業務や取引先の輸出入支援などを学んだ。「最初は訳が分からず大変だったが、指導してくれた同僚は宮崎に帰った後も相談に乗ってくれた」と振り返る。

 座右の銘は「名裏方こそ名監督」。プレーヤーである行員を前面に立て、自身は裏方に徹して鼓舞する。「行員一人一人の能力を引き出すのは難しいが、それぞれが能力を発揮してくれれば組織の力は自然と強くなる」と語る。

 若い頃は行内のバレーボールやソフトテニスのサークルに所属。体を動かすことが好きで、ゴルフは今でも「基本的にカートに乗らずラウンドする」。本店1階から8階の頭取室まで階段を使うことと、毎朝のストレッチ、ラジオ体操が健康維持の秘訣(ひけつ)。

河野文一専務

河野文一専務

 河野文一専務(63)は、営業統括本部と次期システム移行推進本部、事務部を担当。銀行マンのあるべき姿は「お客さまが本当に喜んでくれるようなサービスを提供すること」。林田頭取は新人時代に勤務した南鹿児島支店の上司で「いつまでたっても仕事も遊びもずるはできない」と頭が上がらない様子。

 還暦を過ぎて意識し始めたのは若作りだが「白髪はごまかせない」と苦笑い。趣味はゴルフ。練習場に毎週通っているが「コーヒーを飲んで雑談して帰るだけで上達しない」。

杉田悌治常務

杉田悌治常務

 杉田悌治常務(59)は、融資統括本部とコンプライアンス統括部を担当。営業店の意見に耳を傾け、融資の可否を迅速に決めることを心掛ける。目下の悩みはゴルフのスコアと体重の増加。「ゴルフのスコアは打つ手がないが、体重は歩数計アプリを使って8000歩は歩くようにしている」。リフレッシュ法は温泉巡り。最近のお気に入りは鹿児島県霧島市にある妙見石原荘と旅行人山荘で「眺めの良い露天風呂が最高」。
志戸本和孝常務

志戸本和孝常務

 志戸本和孝常務(56)は監査部を担当。営業店勤務歴は18年で、三つの営業店で支店長を務めた。常に「お客さまファースト。前向きかつ謙虚でありたい」。スポーツ観戦が趣味で「元日のニューイヤー駅伝で1年が始まり、夏は高校球児のプレーに感動する」。プロ野球は巨人ファンだが、本県でキャンプする他球団の動向も気になる。休日はゴルフも楽しむが「好不調の波が激しい」と苦笑する。
津隈卓三取締役本店営業部長

津隈卓三取締役本店営業部長

 津隈卓三取締役本店営業部長(58)はインターネットの進展で顧客との接点が減ったことを憂える。「困ったときに宮崎太陽銀行を頼ってもらえるような付き合いがしたい」と、取引先訪問を増やすよう心掛ける。趣味といえば「草むしりかな。根気よく取り組まないといけないのは、人材育成も同じじゃないだろうか」。
黒木浩取締役人事部長

黒木浩取締役人事部長

 黒木浩取締役人事部長(55)のモットーは、分け隔てなく人の意見を聞く謙虚さを持つという意味の「偏信を捨て、兼徳せよ」。ゴルフ歴34年で、直近2年の平均スコアは87。今年はホールインワン達成が目標。深いりで苦味の強いコーヒーを毎日欠かさず飲む。
安藤和慶取締役総合企画部長

安藤和慶取締役総合企画部長

 安藤和慶取締役総合企画部長(55)は証券国際部も担当。「各人が知恵を出し合い、コミュニケーションをしっかりとることで組織力はアップする」が信念。休日は妻と道の駅「フェニックス」に出掛け、えびソフトクリームを食べながら海を眺めると心が安らぐ。ソフトクリームは県外客に薦めるほど気に入っている。


頭取室

歴史の重み感じる行章
 頭取の執務机の背後に掛けてあるのが、前身の宮崎無尽と宮崎相互銀行の歴代行章四つと、現在の行章を並べたパネル。昨年6月に頭取に就任した時に設置。「地域経済を繁栄させるために汗を流してきた先輩方に見守られている気分」と気持ちが引き締まるという。

 室内は約51平方メートルと広々しており、「行内で立ち話をした若手行員と『こないだの話の続きをしよう』などと招いて雑談する場」(林田頭取)にもなる。雑談の際によく手に取るのが、昨年復活した社内報「太陽クラブ」。全行員の顔写真が載っており「皆の笑顔に元気づけられる」。

企業メモ
 会社概要 1941(昭和16)年に相互扶助を目的とする県内4無尽会社が合併し、宮崎無尽として誕生。51年の相互銀行法施行で宮崎相互銀行、89年の普通銀行転換で宮崎太陽銀行に名称変更した。資本金122億5200万円。2017年3月期の売上高に当たる経常収益は129億5400万円。県内外に52店舗あり、従業員数は653人(17年3月末現在)。本社は宮崎市広島2の1の31。

アクセスランキング

ピックアップ