みやビズ

2018年5月24日(木)
経営JIN

経営JIN(4) 宮崎銀行

2017/03/08
20170307-20170307-03853.jpg">小池光一会長(69)は元日本銀行理事で05年に宮銀入り。頭取就任直後にリーマンショックが発生。09年3月期は過去最大の赤字だったが、強力なリーダーシップで翌年にV字回復。「経営に大事なのは組織に夢を持たせること。一生懸命手を伸ばせば届く計画を立て、クリアすれば粘りや自信が付く」と語る。
小池光一会長
小池光一会長
 小池光一会長(69)は元日本銀行理事で2005年に宮銀入り。頭取就任直後にリーマンショックが発生。09年3月期は過去最大の赤字だったが、強力なリーダーシップで翌年にV字回復。「経営に大事なのは組織に夢を持たせること。一生懸命手を伸ばせば届く計画を立て、クリアすれば粘りや自信が付く」と語る。

 トップの責務は「次のリーダーを育てておくこと」とも。県経営者協会長、県経済同友会代表幹事も務める。日本島しょ学会会員で、ライフワークは島巡り。年間30島を目標に、延べ400島以上を訪問した。「国防上はもちろん、海洋資源など経済的国益を考えると日本人はもっと島を意識すべきだ」

 島の魅力を「一つ一つが独立国。自然環境や生息する動植物、食事、言葉、宗教行事などが異なり面白い」と笑顔で語る。同友会として日南市南郷町沖にある大島の活性化を支援しており「一人でも多くの人が大島へ渡るよう、県内外への情報発信などを手伝いたい」としている。

平野亘也頭取
平野亘也頭取
 平野亘也頭取(64)が好きな言葉は福澤諭吉の「一身独立」。幕末明治の激動期、個々が独立の気概を持たないと列強に破れるという警鐘を現代に置き換えて説く。「金融機関に限らずグローバル化した経済の中では、一人一人が独立した考え方や気概を持たないと競争に勝てない」

 スポーツへの造詣が深く、創立80周年記念の2012年に創部した女子陸上部の部長も務める。チームは15年に全日本実業団女子駅伝の予選会に初出場。5年目をめどに本選出場を狙っており、実現すれば本選の舞台・仙台まで「航空機をチャーターして応援に行きたい」と意気込む。

 延岡市北川町出身。古里の美しい夜空を眺めて育ち、入行後の初ボーナスで天体望遠鏡を購入したほど。「宇宙の大きさに比べると自分は小さく、悩んでいてもしょうがないと思える。ストレス解消に一番いい」。年に1、2回は夫婦で山登りを楽しみ、星空を見上げるロマンチストである。

原口哲二常務
原口哲二常務
 原口哲二常務(60)は営業推進全体を統括する営業本部長(営業統括部・国際部・個人金融部)で、総務部も担当。五つの営業店長の経験から、現場力と現場の声を経営に生かすことが使命と考える。信条は「どんな時も笑顔を忘れず明るく前向きに行動すれば、必ず道は開ける」。

 土鈴(どれい)収集が趣味。中学生のころから国内外の旅先で購入し、コレクションは200個以上。大切にしている言葉は「愛と前進」。

関本泰三常務
関本泰三常務
 関本泰三常務(59)は東京と福岡の県外主要支店で勤務経験を持つ。人事部・審査部・市場金融部・品質向上推進室の担当。将来を担う若者の採用や育成、女性の積極的な登用に心を砕き、審査では「担保や保証に頼らない事業性評価に基づいた積極的な融資を実践したい」と語る。

 休日は古典落語の人情ばなしを聞きながら、県内外の寺社仏閣を巡るという枯れた趣味にはまっており、集めた御朱印帳は3冊を超えた。

杉田浩二常務
杉田浩二常務
 杉田浩二常務(58)は経営企画・リスク統括・事務統括を担当。「行いは自分のもの」「批判は他人のもの」を信条に実行が最も大事と思っているが、近年はお酒を飲んだ前後の記憶があいまいなことがたまにある。「リスク管理担当の自分が最もリスキーでは」と心配している。

 10年前から青島太平洋マラソンに毎年出場。「完走しなければマラソンではない」とうそぶいていたが、一昨年に18キロで初めてリタイア。昨年より業務多忙を理由に、当面不参加をひそかに決意。


大坪泰三取締役
大坪泰三取締役
 大坪泰三取締役鹿児島営業部長(58)は「王道」が理念。迷った時、それは長、銀行員、人として正しいかを自問するようにしている。

 学生時代はボクシングにのめり込み、その道へ進もうとしたことも。自宅では猫3匹の父親。休みの半分は猫の世話をしている。今月、鹿児島でフルマラソンに初挑戦し、見事完走した。

星原一弘取締役
星原一弘取締役
 星原一弘取締役都城営業部長(57)は都城市高城町出身。古里で働く喜びを感じつつ「順境は怠けやすく、逆境は励みやすし」を肝に銘じる。

 趣味はゴルフとランニング。フルマラソンやトライアスロンの出場経験があるアウトドア派だが、都城に来てからは会合続きでインドア派に転身。牟田町で「日本一おいしい肉と焼酎」を堪能する日々。

河内克典取締役
河内克典取締役
 河内克典取締役経営企画部長兼収益管理室長(56)はオン・オフの切り替え、チーム力の発揮、正しく怒る-の三つを考えて仕事に臨む。

 休日の朝は洗濯物をピシッと広げて干し、夕方に乾いたものをビシッと畳む。気持ちがシャキッとするが、家族は何も言ってくれない…。

山田知樹取締役
山田知樹取締役
 山田知樹取締役本店営業部長兼江平支店長(56)は営業畑が長く、現場経験が豊富。「地元発展のため頼りになる銀行を目指したい」

 最近、体調と体重を管理するため飲酒量をコントロール中。それでも夜のニシタチのパトロールで3000歩のウオーキングをよく達成する。

矢野憲男取締役
矢野憲男取締役
 矢野憲男取締役常勤監査等委員(63)は過去や将来について悩まず、今を臨機応変に生きる「不将不迎(おくらず、むかえず)」が座右の銘。

 趣味・特技として10年間続けてきたダンス「サルサ」を1年前に引退。一向に上達しないゴルフに加え、新たな分野を模索中。

梅﨑裕一取締役
梅﨑裕一取締役
 梅﨑裕一取締役常勤監査等委員(60)は人事や監査畑が長い。「独立・中立の立場で客観的な監査意見の表明」を心掛ける。

 社会人で国体のバスケットボール競技に3度出場。趣味でギターの弾き語りを夫婦で続けており、ボランティアで老人ホームを訪れることも。

(久保野剛)

 こいけ・こういち▽ひらの・のぶや▽はらぐち・てつじ▽せきもと・たいぞう▽すぎた・こうじ▽おおつぼ・たいぞう▽ほしはら・かずひろ▽かわち・かつのり▽やまだ・ともき▽やの・のりお▽うめざき・ゆういち

アラカルト

歌手AIさんの母バーバラ植村さんがデザインした「ハッピーハーツ」

歌手AIさんの母バーバラ植村さんがデザインした「ハッピーハーツ」

 本店7階にある頭取室は広さ約80平方メートルのゆったりとしたスペース。執務机のほか、役員が経営会議で使うテーブルと椅子が置かれている。本部職員が打ち合わせなどで入室することも多い。日向市出身の大リーガー、青木宣親選手のマリナーズ時代のサイン色紙やボーイング747型機の模型が飾ってある中、平野頭取が「見ると元気が出る」と語るのが、歌手のAIさんの母バーバラ植村さんが制作したデザイン画「ハッピーハーツ」。「LOVE」の文字を中心にハート型の笑顔が放射状に広がる。自らコンサートに足を運ぶほどのファンで好きな曲は「story」。

企業メモ
 会社概要 世界恐慌後の地域経済安定化へ県や県財界が設立に奔走、日向興業銀行として1932(昭和7)年7月に設立した。62年に宮崎銀行へ行名改称。資本金146億円で、一般企業の売上高に当たる経常収益は単体で477億9100万円(2016年3月期)。県内外に73の本支店と23の出張所があり、従業員数は1446人。東証1部と福証に上場。本社は宮崎市橘通東4丁目3番5号。

アクセスランキング

ピックアップ