みやビズ

2017年4月26日(水)
経営JIN

経営JIN (2)九南

2017/02/08
20170207-kazari.jpg
 安田耕一会長(72)は創業者、秀保氏(故人)の長男。秀保氏が南満州鉄道(満鉄)の助役だったことから、中国・瀋陽で出生。翌年に終戦となり、ソ連兵に追われながら引き揚げを果たし、九死に一生を得た。

安田耕一会長

安田耕一会長

 日本大理工学部を卒業後、都内で就職するも、働いたのは2日間。事業拡大のため、すぐに秀保氏から呼び戻された。34歳で社長を継ぎ、5年前から会長。現状に満足せず、常に挑戦する姿勢を貫く。社員とその家族への思いが経営者としての根幹にあり「会社を支えてくれている彼らの笑顔のため、全身全霊をささげる」。京セラを創業した稲盛和夫氏を敬愛。その教えを学ぶ盛和塾を宮崎で立ち上げた代表世話人の一人だ。都城商工会議所会頭など公職も多く、多忙な毎日。健康とストレス解消のため「万難を排して」ゴルフ場へ足を運ぶ。10年ほど前に仕事の付き合いで始めた小唄も「意外に面白く、年2回の発表会に向け必死に練習している」。
 
 

アクセスランキング

ピックアップ