みやビズ

2018年10月21日(日)
上々企業

平和食品工業(国富町)

2017/10/17
 からあげグランプリの「半身・素揚げ部門」で4年連続金賞を受賞したこともある平和食品工業の直営店舗である宮崎かしわや。最近は鶏の炭火焼きやからあげ以外にも新商品の開発や労働環境の向上に取り組んでいる。

「宮崎かしわや」のブランド確立に向けて


工場で鶏肉を裁断する従業員

工場で鶏肉を裁断する従業員

 からあげグランプリの「半身・素揚げ部門」で4年連続金賞を受賞したこともある平和食品工業の直営店舗である宮崎かしわや。最近は鶏の炭火焼きやからあげ以外にも新商品の開発や労働環境の向上に取り組んでいる。

 現在の工場は2013年3月から稼働し、それ以前に使用していた工場は15年9月にレトルト工場に改装した。これにより加工の幅が格段に広がり、他社からの加工の相談が増加。自社でも新商品のアイデアが出るようになった。17年には裁断効率を上げるために、高効率なカット機を導入。裁断効率は3倍となった。

 工場増設やカット機の導入により、効率化が図られ土曜の製造をストップした。このことで従業員の労働時間の軽減につなげる効果が出た。同社は過去にも高年齢者雇用開発コンテスト奨励賞を受賞するなど、労働環境に対する意識が高く、これらの設備投資により、高齢者や障害者、子育て世代の主婦の労働環境がさらに改善している。

新商品のオリジナル焼酎「花堂」と炭火焼きの3種盛りパックのギフト

新商品のオリジナル焼酎「花堂」と炭火焼きの3種盛りパックのギフト

 また、県内外からの加工の相談が増えたことにより、県産の手羽先をふんだんに使った新商品「日向夏チキン三昧」シリーズの開発が進んだ。この商品は、管理栄養士の野田恭子氏=都城東高顧問=が監修。「しょう油かつお風味」「ヨーグルト風味」「プレーンしいたけ風味」と3種類の風味を味わるのが特徴となっている。

 また、宮崎かしわやは今年に入ってオリジナル焼酎の販売を開始している。キントキイモを使用した「花堂」と「三酉(みつどり)」で、三酉はオレンジ色だが、硬水を注ぐと色がピンク色へ変わる。ピンク色に変わった後にかんきつ類を入れるとオレンジ色に戻る。視覚でも楽しめる商品となっているのだが、ネーミングも三(さんずい)に酉(とり)で「酒」となっている点もしゃれが利いている。

 現在、年末のお歳暮ギフト商戦に向けて準備に余念のない状況。オリジナルのチキン南蛮や鶏製品や豚肉製品等も充実させており、焼酎の開発や販売を強化し、「宮崎かしわや」のブランド化を進めている。現在の宮崎かしわやの特典や割引サービスが受けられる店舗会員数は約4200人。これを5年後には2万人に増やす予定で、今後の展開から目が離せない。

商 号: 有限会社平和食品工業
本 社: 宮崎県国富町竹田962の1 
代 表: 花堂 伸樹氏
設 立: 昭和61年3月
資本金: 1,000万円
電 話: 0985(75)6744
URL: http://heiwask.com/
 平和食品工業は炭火焼きを主力とした鶏肉の加工品や、良好な労働環境で評価の高い。直営店舗の宮崎かしわやのブランド化を目指し、さらなる労働環境の向上と鶏の炭火焼き以外の特徴的な商品展開を強めていることから今後の飛躍が期待される。
(帝国データバンク宮崎支店・甲斐 琢磨)

アクセスランキング

ピックアップ