みやビズ

2018年7月16日(月)
上々企業

ウイングジャパン(宮崎市)

2016/08/30
ウイングジャパンの浜砂順一郎社長

海外留学をしっかりとサポート

ウイングジャパンの浜砂順一郎社長

ウイングジャパンの浜砂順一郎社長

 毎年、数多くの人が期待や不安を抱えながら語学の取得や異文化に触れるために海外へ留学している。留学あっせん業を手掛けるウイングジャパン(宮崎市、浜砂順一郎社長)は本県を中心に南九州エリアで海外留学希望者を誠心誠意サポートしている。
 
 社長自身の留学経験と思い、留学あっせん会社で培ってきた経験をもとに、会社を設立したのは2004年7月。以来12年にわたり国際教育の専門知識とグローバルネットワーク、数多くの経験を生かして事業を展開している。

 強みは提携する各教育機関が有する豊富なプログラムと健全な経営内容だ。毎年100人前後の留学を世話する。留学希望者は本県を中心に鹿児島県、熊本県に在住する大学生、社会人、中高生だ。紹介やホームページ(HP)からの問い合わせ、相談に応じて希望する国や留学期間、プログラム内容等について詳細に説明し、留学を世話している。

 あっせんする留学の期間は3~4週間から4~6年まで幅広く、提携する留学先は米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレーシア、中国、英国、フランス、ドイツ、イタリア、スペインなど20カ国だ。

 海外の教育省や教育機関の協力を得て日本における公式代理人資格を有し、語学学校、大学、短大等の教育機関など提携先は200カ所に及ぶ。社長自ら宮崎または海外現地で直接対面して、生活環境、プログラムの内容等を考慮して安心して任せられる教育機関とのみ契約を交わす。

海外留学や大学の奨学金などを紹介するパンフレット

海外留学や大学の奨学金などを紹介するパンフレット

 留学希望者が、インターネットなどで得た情報をもとに問い合わせてくることもあるが、プログラムの内容等を熟知し、信頼できる提携先の仲介のみを行い、提携先以外の紹介は一切扱わない。また、教育団体の特別な会合やワークショップ、国際交流会、留学イベントへの参加も継続的に行い、最新の情報収集も怠らず世話する豊富なプログラム内容には自信を持っている。

 留学あっせん手続きの流れでは、利用者から留学に必要な費用を一度預かり、留学先へ振り込む形になる。留学希望者は一時的にでも留学費用としてお金をウイングジャパンへ預けることになるため、少なからず不安な気持ちになるのは否めない。そこで留学費用や手数料等の明細を明確に提示する他、まれに留学希望者がキャンセルを要請するケースもあることからキャンセル規定もしっかりと提示して慎重に対応し、トラブル回避にも努めている。また、設立以来透明性の高い経営にこだわり、運営ぶりも手堅く財務内容も健全だ。

 提携先のみ世話する実績と、透明性の高い経営で顧客の信頼は厚い。広告宣伝活動を控えながらも過去に留学を世話、サポートしてきた学生の親や留学経験のある大学生のゼミ、部活、サークルの先輩後輩関係などから紹介や相談が数多く寄せられている。

 今後はマレーシアで英語を学べるプログラムの開拓を進め、さらに英語圏の国への留学をあっせんする等のチャンネル強化を進める方針。訪日外国人の受け入れにも取り組むため、南九州エリアで日本語学校、大学、短大等の開拓を検討している。
 
 浜砂社長は「私の経験と思いを基にスタートした会社です。お気軽に留学に関する希望や不安をお聞かせください。誠心誠意サポートいたします。多くの方に異文化の中で困難を乗り越え、目標を達成し、自分自身の成長を感じてほしい」と話している。

ウイングジャパン
設 立:2004年7月
資本金:300万円
本 社:宮崎市橘通東1の5の8の202
TEL:0985(35)1070
http://www.wingjpn.net/
 「社長が自身の留学時代に体験した異文化の中での生活、期待と不安、挫折感、達成感をもとに立ち上げた事業。豊富なプログラムと透明性の高い堅実経営のもと、海外の提携機関や顧客から信頼され、紹介による受注も多く実績を重ねている。海外留学を考えている方、浜砂社長が待っています。
(帝国データバンク宮崎支店・飛田敬史)

アクセスランキング

ピックアップ