みやビズ

2018年2月26日(月)
お勧めビジネス書&最新ランキング

お勧めビジネス書&最新ランキング 1月

2018/01/17
20180116-33683908.jpg インターネットやスマートフォンなどのモバイル機器、センサー技術、そしてAIの進化により、いわゆる「ビッグデータ」収集と分析の精度が格段に高まっている。もはや本格的な「ビッグデータ社会」が実現しつつあるのは確かだろう。だが、その進歩は明るい未来のみを見せてくれるものだろうか。その負の側面が、取り返しのつかないリスクにつながりやしないのか。

おそろしいビッグデータ 超類型化AI社会のリスク

著 者:山本 龍彦
出版社:朝日新聞出版(朝日新書)

e-honで購入

ご注文は「りーぶる金海堂」で

おうちで学べる 人工知能のきほん

著 者:東中 竜一郎
出版社:翔泳社

e-honで購入

ご注文は「りーぶる金海堂」で

おそろしいビッグデータ 超類型化AI社会のリスク/山本 龍彦/著 朝日新聞出版(朝日新書)

 インターネットやスマートフォンなどのモバイル機器、センサー技術、そしてAIの進化により、いわゆる「ビッグデータ」収集と分析の精度が格段に高まっている。もはや本格的な「ビッグデータ社会」が実現しつつあるのは確かだろう。だが、その進歩は明るい未来のみを見せてくれるものだろうか。その負の側面が、取り返しのつかないリスクにつながりやしないのか。

書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」キャンペーン実施中

アクセスランキング

ピックアップ