みやビズ

2018年7月21日(土)
お勧めビジネス書&最新ランキング

お勧めビジネス書&最新ランキング 11月

2017/11/22
サービスイノベーションの海外展開 日本企業の成功事例とその要因分析

サービスイノベーションの海外展開 日本企業の成功事例とその要因分析

著 者:伊丹敬之 高橋克徳 西野和美 藤原雅俊 岸本太一
出版社:東洋経済新報社

e-honで購入

ご注文は「りーぶる金海堂」で

衰退の法則 日本企業を蝕むサイレントキラーの正体

著 者:小城 武彦
出版社:東洋経済新報社

e-honで購入

ご注文は「りーぶる金海堂」で

サービスイノベーションの海外展開 日本企業の成功事例とその要因分析/伊丹敬之/著 高橋克徳/著 西野和美/著 藤原雅俊/著 岸本太一/著/東洋経済新報社

 日本の産業は製造業が優位にあり、サービス業は他国に遅れを取っていると認識する人が多いのではないか。サービス業全般のイノベーションの不足、生産性の低さがしばしば指摘される。海外進出についても製造業における生産拠点移転などは注目されるが、サービス業についてはそれほど知られていない。しかし、実際には海外で現地の人たちを顧客として成功する企業は少なくない。

書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」キャンペーン実施中

 本書では、そうした海外事業の先進事例として、良品計画、大戸屋、セコム、公文教育研究会というSPA(製造小売業)、飲食業、警備、教育の各分野において国内でも独自のコンセプトで勝負する4社の海外事業を取り上げる。各々の事例を紹介した上で、成功の理由について理論的に分析を加えている。

 主著者の伊丹敬之氏は現在、国際大学学長、一橋大学名誉教授。共著の3人は東京理科大学大学院イノベーション研究科あるいは一橋大学大学院商学研究科に所属する研究者。

衰退の法則 日本企業を蝕むサイレントキラーの正体/小城 武彦/著/東洋経済新報社

 伝統ある日本企業の不祥事や破綻に関するニュースが続いている。大企業のガバナンスに、かつてないほど世間の注目が集まってきているようだ。高い業績を上げる優良企業と思われていた企業が、いつの間にか不振に陥り、破綻、あるいは破綻の危機に瀕する。そういった企業には、共通するパターンがあるのではないか。多くの人が抱くであろうそういった疑問を、本書では検証している。

 産業再生機構をはじめとする企業再生支援組織が支援対象とした企業を「破綻企業」として、対照群としての「優良企業」とともに調査。対象企業13社に社外から関わった専門家やOB・転入者など相対的視点をもつ関係者計87人へのインタビューを中心に分析し、日本企業が衰退する原因となる共通のメカニズム(衰退の法則)を明らかにしている。

 著者は(株)日本人材機構代表取締役社長。産業再生機構にてカネボウなどの企業再生に携わった。なお、客観性を担保するため、本書の調査分析対象に著者が再生に関わった企業は含まれていない。

【ビジネス書ランキング・11月14日】e-hon 全国書店調べ
順位タイトル著者
SHOE DOG 靴にすべてを。

フィル・ナイト 大田黒奉之/訳

文藝春秋オピニオン2018年の論点100

文春ムック

株&投資信託お得技ベストセレクション

晋遊舎ムック お得技シリーズ 101

スタンフォード式最高の睡眠

西野精治

銀行消滅 新たな世界通貨体制へ

Econo‐Globalists 20
副島隆彦



アクセスランキング

ピックアップ