みやビズ

2017年12月11日(月)
お勧めビジネス書&最新ランキング

生きる力をつくるスープ

2017/04/19
 そもそも「食べる」とは何だろう。料理研究家で随筆家の辰巳芳子さんは、著書「いのちの食卓」の中でこう書いている。「『食べる』ということは、呼吸と等しく、いのちの仕組みにくみこまれているものです。

谷口知子さん(魔女のくすり堂代表、ブレインフードアドバイザー) 辰巳芳子著「いのちの食卓」(マガジンハウス文庫)


たにぐち・ともこ 宮崎市高岡町出身。社会や家庭で輝く女性や家族の健康を見守る優しい白魔女でありたいという思いを込め、「ますだ薬店」から「魔女のくすり堂」にリネーム。2017年から代表。「ブレインフード」(脳機能改善食品)の普及に尽力するほか、小中高のPTAなどを対象に食の大切さを伝える講演活動も積極的に取り組む

たにぐち・ともこ 宮崎市高岡町出身。社会や家庭で輝く女性や家族の健康を見守る優しい白魔女でありたいという思いを込め、「ますだ薬店」から「魔女のくすり堂」にリネーム。2017年から代表。「ブレインフード」(脳機能改善食品)の普及に尽力するほか、小中高のPTAなどを対象に食の大切さを伝える講演活動も積極的に取り組む

いのちの食卓

著 者:辰巳芳子
出版社:マガジンハウス文庫

e-honで購入

ご注文は「りーぶる金海堂」で

 そもそも「食べる」とは何だろう。料理研究家で随筆家の辰巳芳子さんは、著書「いのちの食卓」の中でこう書いている。「『食べる』ということは、呼吸と等しく、いのちの仕組みにくみこまれているものです。(中略)だからそのことをよく思い定め、積極的に受け入れて、『食べる』ということをまっとうに生きていかなければならないのです」。食は命の根幹という考え方に共感している。

アクセスランキング

ピックアップ