みやビズ

2017年8月19日(土)
食のロングセラー

スコール(南日本酪農協同/デーリィ)

2017/02/08

子どもや酪農家への愛を込め半世紀


 1971(昭和46)年に誕生した日本初の乳性炭酸飲料「スコール」。やさしく、さわやかな味わいで人々を魅了し、半世紀にわたり世代や地域を超えて愛され続ける。

1971(昭和46)年に誕生したスコール。写真手前からホワイト、今月20日発売のマンゴー、4月末発売のゴールデンパイン

1971(昭和46)年に誕生したスコール。写真手前からホワイト、今月20日発売のマンゴー、4月末発売のゴールデンパイン

 スコールを語るには、まず南日本酪農協同の出自を知る必要がある。1960(昭和35)年に県南部酪農業協同組合によって設立され、翌年に大隅、志布志酪農業協同組合が参画した。いわば、本県と鹿児島県の酪農家によってつくられた会社であり、乳価の安定や牛乳の余剰解消、つまりは牛乳の需要拡大を使命とした。

アクセスランキング

ピックアップ