みやビズ

2017年9月21日(木)
フードビジネスの今

地頭鶏輸出を本格化 20年度30トン目標

2017/09/06
試食などでPRするみやざき地頭鶏事業協同組合や県の担当者たち=5日午後、香港(同組合提供)

試食などでPRするみやざき地頭鶏事業協同組合や県の担当者たち=5日午後、香港(同組合提供)

 県が開発したブランド地鶏「みやざき地頭鶏(じとっこ)」が、海外進出に向けて本格的に動きだす。生産者でつくる「みやざき地頭鶏事業協同組合」(岩倉康弘理事長)と県が連携して初輸出を実現し、5日から香港で開催中の見本市に出展。「おいしい」「味が濃い」と好評だった。2020年度に30トンの輸出目標を掲げる県は「販路拡大に向けて準備を進めたい」としている。

アクセスランキング

ピックアップ