みやビズ

2018年6月25日(月)
フードビジネスの今

美々鯵おいしさ再確認 漁業関係者ら料理試食 目井津港ブランドマアジ

2017/05/08
行政、漁業関係者らが参加した美々鯵のPRイベント

行政、漁業関係者らが参加した美々鯵のPRイベント

 日南市南郷町の目井津港に水揚げされるブランドのマアジ「めいつ美々鯵(びびあじ)」をPRするイベントは4月27日、同港に隣接する港の駅「めいつ」であった。行政、漁業関係者ら約45人が美々鯵を使った料理を堪能した。

 同港の定置網漁師らでつくるめいつの魚ブランド化推進協議会(元浦亮会長)と、魚の町なんごう活性化協議会(江藤久義会長)が主催。元浦会長は「美々鯵が誕生してはや1カ月。知名度は徐々に高まっている。今日は皆さんにも美々鯵のおいしさを知ってほしい」とあいさつした。

 町内の飲食店4店舗が、美々鯵の刺し身やフライ、酢締めなど10品を提供した。参加者は「脂が乗っている」「自信を持って薦められる」などと舌鼓を打っていた。同市の﨑田恭平市長は「刺し身など、そのままでもおいしい上に、各店舗が工夫し味付けした品々も絶品」と賞賛した。

アクセスランキング

ピックアップ