みやビズ

2019年10月14日(月)
フードビジネスの今

うこんゼリーにへべす 「サラ忍マン」企画第2弾

2015/06/06
日向特産のへべすを使った「うこんゼリー」を手にするサラ忍マン

日向特産のへべすを使った「うこんゼリー」を手にするサラ忍マン

 福岡市の食品加工会社「うまみ」は日向地区特産のへべすを使った「うこんゼリー」を発売した。サラリーマンスーツと忍者頭巾姿で「サラ忍マン」と称し同市を拠点に活躍する田口健太郎さん(42)=日向市出身=がプロデュース。日向市の道の駅「ひゅうが」「とうごう」、まちの駅「とみたか」などで販売している。

 田口さんはキャラクター「くのいちOL娘。」とのコンビで企業のコラボ商品開発などを手掛けている。へべす果汁入りの「うこんゼリー」は、昨年秋に発売した「へべす明太子(めんたいこ)」に続く第2弾。ウコン独特の苦味がほとんどなくて食べやすく、二日酔い予防などに効果的という。

 田口さんは「スティック状なので携帯しやすくて便利。日向の皆さんに買っていただいて、繁華街が盛り上がればうれしい」と話している。基本価格は1本108円。「道の駅」のほか、日向地区を中心とした県内のファミリーマートで販売。県飲食業生活衛生同業組合日向支部でも取り扱っている。

アクセスランキング

ピックアップ