みやビズ

2017年1月24日(火)
フードビジネスの今
フードビジネスの今

本県の経済浮揚の切り札として、県が推進する「フードビジネス」。マーケットを意識した生産、加工、販売や農商工連携、6次産業化などを支援し、2020年度の食品関連産業の生産額目標を1兆5千億円と掲げている。このコーナーでは民間の関心も高まっているフードビジネスに関連する記事(2013年4月以降)をみやビズ、宮崎日日新聞から集め、今の動きを伝える。

紙面記事

児湯森林組合ユズ加工場 銀鏡から平郡移転へ

2017/01/24
 児湯広域森林組合(長友幹雄組合長)は、施設が老朽化していることなどから、西都市銀鏡のユズ加工場を同市平郡に移転することを決定、17日に同市役所で新施設の立地調印式を行った。今年8月20日の操業開始を目指す。

みやビズ記事

アクセスランキング

ピックアップ