みやビズ

2017年7月21日(金)
フォーカス

人とビジネスの新潮流

2017/07/13

MUKASA-HUB(宮崎市高岡町)


ローカルビジネスの聖地へ


 宮崎市高岡町の旧穆佐小校舎を活用した起業家の交流拠点「MUKASA-HUB(ムカサハブ)」は人とビジネスの結節点として注目を集めている。県外から大勢の視察が訪れ、入居者間の交流から新たな入居者や利用者を呼び込む動きが生まれている。

全国から視察殺到


「起業家が増えることがムカサハブの成功の指標」と意気込む一平の村岡浩司社長。各種イベント開催や新たなオフィス増設などで起業家の卵を育てるつもりだ

「起業家が増えることがムカサハブの成功の指標」と意気込む一平の村岡浩司社長。各種イベント開催や新たなオフィス増設などで起業家の卵を育てるつもりだ

 ムカサハブは「九州パンケーキミックス」を販売する一平(宮崎市、村岡浩司社長)が1億2000万円で整備し、5月21日にオープンさせた。学校の雰囲気を残しつつ、1階をコワーキングスペースやクッキングスタジオなどに改装。2階にはベンチャー企業向けのレンタルオフィス6室と個人がスペースをシェアして利用する共同スペース1室がある。

アクセスランキング

ピックアップ