みやビズ

2017年7月22日(土)
フォーカス

自転車保険、サービス拡充

2017/05/18
 自転車事故に備え、保険各社が保険内容を拡充している。加害者が多額の損害賠償を求められる事態が発生、加入を義務付ける自治体が出ていることが背景にある。示談交渉のサービス付きで、高額補償や保険料を抑えた商品、高齢者向けなど続々登場している。

連携


催しで自転車保険をPRするau損害保険のスタッフ(右側)ら=2月、さいたま市内

催しで自転車保険をPRするau損害保険のスタッフ(右側)ら=2月、さいたま市内

 損保ジャパン日本興亜は、2017年3月に全日本交通安全協会と連携し、協会の会員向けに「サイクル安心保険」の販売を開始した。

 年齢制限はなく、最大1億円の賠償補償を基本に3プラン用意した。事故の際に賠償と示談交渉のみに特化した商品は、インターネットで申し込むと保険料、運営費などを含め年額1230円。

アクセスランキング

ピックアップ