みやビズ

2018年5月20日(日)
フォーカス

経済展望2017 インタビュー&アンケート(上)

2017/01/05
 2017年は本県経済にとって、どのような1年になるのか-。宮崎商工会議所主催の賀詞交歓会(1月4日、宮崎市・宮崎観光ホテル)で行った県商工会議所連合会・米良充典会頭と宮崎銀行・平野亘也頭取へのインタビュー動画と、昨年12月に実施した企業アンケートの一部を上下2回に分けて紹介する。

【県商工会議所連合会・米良充典会頭(米良電機産業社長)】

県商工会議所連合会・米良充典会頭(米良電機産業社長)
 ▽インタビューより 地元企業も労働条件を見直す必要がある。まずは時給をもう一度見直さなければならない。そして企業は寮、託児所、幼稚園の整備や会社内のクラブ活動とか、いろんなものを創出しなければいけないのではないか。若者をどう地元に残すかも考えなければいけない。


【県商工会連合会・淵上鉄一会長(淵上組社長)】

県商工会連合会・淵上鉄一会長(淵上組社長)
 ▽17年の展望 景気は16年に比べ、変わらないと考える。2020年東京五輪を控え、さまざまな需要が伸びると思うが、人手不足の問題がある。ただ、地方は景気に関係なく、高齢化が進み、消費動向に大きく寄与するとは考えられない。



アンケート

(1)16年と比較した業績見通しと理由
(2)業況への不安材料(選択式、二つまで回答可)
(3)景気回復へ政府に期待する政策(同)

◇代表者の回答◇

【JA宮崎経済連・新森雄吾会長】

JA宮崎経済連・新森雄吾会長
 (1)少し良くなる。・海外輸出事業による販路拡大と国内外での認知向上によるブランド力の強化(全国和牛能力共進会3連覇へ)。・生産基盤の維持と新たな生産体系の取り組み、産地体制の強化。
 (2)原材料価格、個人消費
 (3)個人消費の刺激策、その他(物流対策)

【旭化成延岡支社・山添勝彦支社長】

旭化成延岡支社・山添勝彦支社長
 (1)変わらない。
 (2)海外経済、個人消費
 (3)規制改革、海外との経済連携推進

【雲海酒造・中島美幸社長】

雲海酒造・中島美幸社長
 (1)少し良くなる。
 (2)個人消費
 (3)個人消費の刺激策

【マエムラ・前村幸夫社長】

マエムラ・前村幸夫社長
 (1)少し良くなる。住宅ローンの低金利が続くことと、他社との差別化を図れた新商品の開発ができたことにより増収。
 (2)個人消費、熊本地震からの復興状況
 (3)個人消費の刺激策、個人向け減税

【宮崎山形屋・山下隆幸社長】

宮崎山形屋・山下隆幸社長
 (1)変わらない。少子高齢化など大きな背景は変わらないが、下げ止まり感、もしくは落ち着きが出ているのではないか。
 (2)人材確保、個人消費
 (3)個人消費の刺激策、社会保障改革と財政再建

【イオン九州イオン宮崎店・河野裕利店長】

イオン九州イオン宮崎店・河野裕利店長
 (1)少し良くなる。1.カテゴリーごとの商品の見直し。2.改装店舗のかさ上げ。
 (2)人材確保、個人消費
 (3)個人消費の刺激策、法人向け減税

【MJC・川崎友裕社長】

MJC・川崎友裕社長
 (1)良くなる。事業規模の拡大。
 (2)その他(国内の景気状況)
 (3)公共投資の拡大、新産業・技術革新への支援


◇担当者の回答◇

【霧島酒造】

 (1)変わらない。「少し良くなる」と回答すべきかもしれないが、販路拡大に関しては、既存施設の生産能力やアイテム別商品の製造計画の最適化を図りながら拡大していくが、増設工場の稼働を待たなければ大幅な、もしくは余裕のある製販計画が立てにくい状況にあり、若干は伸ばせるが、「変わらない」とした。
 (2)円高、人材確保
 (3)為替の安定化、規制改革

【ハンズマン】

 (1)良くなる
 (2)人材確保
 (3)法人向け減税、雇用対策

【旭有機材】

 (1)少し良くなる。16年につくった土台で、17年に成長を実感したいという期待を込めて。
 (2)海外経済、その他(国内需要の停滞)
 (3)公共投資の拡大、海外・県外での市場開拓支援

【清本鐵工】

 (1)変わらない。造船業界の受注状況が厳しいことを受け、鋳鋼事業の主要製品である舶用部品の受注環境は厳しいが、メンテナンス事業、製品事業でカバーし、全体としては16年並みの業績を確保できると思われる。
 (2)円安、原材料価格
 (3)為替の安定化、規制改革


アクセスランキング

ピックアップ