みやビズ

2018年6月24日(日)
フォーカス

ユニークな印鑑が人気

2016/12/08
猫や新幹線、遺伝子まで 需要開拓へ新商品 スマートフォンや生体認証による銀行手続きが取り入れられるなど電子化の進展で、印鑑を使用する機会が減少している。そうした中、新たな需要を開拓しようと、使う人が個性を表せるユニークな商品を印章業者が開発、人気を集めている。

猫や新幹線、遺伝子まで 需要開拓へ新商品


 スマートフォンや生体認証による銀行手続きが取り入れられるなど電子化の進展で、印鑑を使用する機会が減少している。そうした中、新たな需要を開拓しようと、使う人が個性を表せるユニークな商品を印章業者が開発、人気を集めている。

城山博文堂の「ニャン鑑」

城山博文堂の「ニャン鑑」

▽動物


 印鑑や文具販売の城山博文堂(大阪市)は、2014年8月、名前の文字の一部を猫の姿にした印鑑「ニャン鑑」を発売した。猫ブームを追い風に注文が殺到し、受注を一時中断した。

 城山謙一社長は「突然、文字が動物のように見えた。猫が背を伸ばしたり丸まったりする姿に一部を置き換えると、違和感なく文字として成立した」と開発のきっかけを振り返る。

 買い手は主に女性で、猫好きや印鑑にも自分らしさを求める人が目に付く。宅配便の受け取りなどに使う認め印として多く利用されるようだ。顧客からは「今までにない商品」「さりげないデザインが良い」といった声が寄せられる。

 発売後、1年間で通信販売による印鑑の売上高は約4.5倍に伸びた。通常、自分用に1本を購入するだけだが、贈答用に何本も注文する人がいた。今年8月には犬をあしらった「ワン鑑」を発売。販売価格は、ともに3950円から。

TOSYOの新幹線シリーズの印鑑

TOSYOの新幹線シリーズの印鑑

▽乗り物


 TOSYO(埼玉県越谷市)は、アニメやゲームのキャラクターをあしらった商品をサイト「痛印堂」で販売している。新幹線をかたどったシリーズ(3866円)は、北海道新幹線開業に合わせて発売。駅名が書かれた印鑑ケースもあり、鉄道好きに人気という。

 中川貴文社長は「海外では自筆サインをスタンプにする人もおり、ニーズに合わせた印鑑を作る限り、印章文化はなくらない」と強調する。

 好きな漫画のキャラクター全種類をそろえる人や、贈答用に40本作る人も。海外からも注文がある。16年の売上高は15年に比べ約3~4割増で推移。実印や銀行印に認められた例もあるという。

ハンコヤドットコムの「HANCODE(ハンコード)」

ハンコヤドットコムの「HANCODE(ハンコード)」

 顧客からは「婚姻届として使用したら認められた」「上司に退職記念として渡したら喜ばれた」といった声が寄せられるという。

▽性格


 インターネットで印鑑を販売するハンコヤドットコム(大阪市)は今年10月、個人の気質や性格などに関する遺伝子検査の結果をはんこの印面にデザインとして取り入れた「HANCODE(ハンコード)」の注文を開始した。限定200本で、受け付けは12月26日まで。遺伝子検査費用も含めて価格は7万5384円。

 同社は印鑑の材料として、木材などではなく、火災の際などにも消失しない耐久性の高いチタン製の印鑑を広めようと新商品を考案。究極の個人証明用に、自己を投影する商品として遺伝子に着目した。

ハンコヤドットコムの遺伝子分析の結果をデザインした印鑑「HANCODE(ハンコード)」と担当者

ハンコヤドットコムの遺伝子分析の結果をデザインした印鑑「HANCODE(ハンコード)」と担当者

 ハンコードは、遺伝子検査の結果から勤勉性や協調性など五つの性格要素を分析。性格テストの結果も合わせた2430万通りのハンコヤドットコムの独自デザインで印鑑を作製する。遺伝子をイメージした二重らせんの形も特徴だ。

 担当者は「高額だが、新しいものやほかとは異なるものが好きな人に使ってほしい」と話した。

 問い合わせ先は、城山博文堂、メールmlln@zmail.plala.or.jp▽TOSYO、電話048(972)4091▽ハンコヤドットコム、フリーダイヤル(0120)858606

アクセスランキング

ピックアップ