みやビズ

2019年11月18日(月)
フォーカス

賀詞交歓会・インタビュー編(下)

2015/01/22
賀詞交歓会インタビュー編(下)

法人税向け減税に期待

 アベノミクスの効果は地方に波及するのか。景気の本格的な回復が期待される2015年、県内の経営者たちの思いはさまざまだ。法人向け減税やインバウンド(外国人の来日)に対しては「景気を支える大きな要素」「さまざまな産業に好影響が出る」など期待の声が上がった一方、「景気のけん引役(産業)がない」と厳しい見方も。

【宮崎銀行・小池光一頭取】
宮崎銀行・小池光一頭取
▽15年の展望 ライバル行との激しい競争もあり経営環境は厳しい。強靭(きょうじん)な経営体力の構築が必要。景気は持ち直し、県内経済は底堅い足取りをたどるのではないか。法人税の減税は景気を支える大きな要素になるだろう。

【清本鐵工・清本英男社長(延岡商議所会頭)】
清本鐵工・清本英男社長(延岡商議所会頭)
▽懸念材料 円安。理想レートは105~110円が適正。原発再稼働に期待。製造業にとって電気代はかなり大きい。コストを抑えるために必要。中国、韓国などアジアを中心に生産設備や営業所の開設などを予定している。


【高鍋信用金庫・池部文仁理事長】
高鍋信用金庫・池部文仁理事長
▽懸念材料 鹿児島銀行と肥後銀行の経営統合による影響を懸念する声もある。両行が持ち株会社を設立する10月前後に金利競争が激化する。新しい銀行も含めたシェアの争奪戦が激しさを増すだろう。

【マエムラ・前村幸夫社長】
20150121-maemura.jpg
▽14年の景況感 低金利、株高で良くなった。法人税減税への期待も後押しした。

▽賃上げ 法人税が下がれば、その分を還元したい。

【米良電機産業・米良充朝常務】
米良電機産業・米良充朝常務
▽14年の景況感 太陽光発電施設の設備投資がけん引し、良くなった。

▽15年の展望 「変わらない」と「悪くなる」の中間。新たなけん引役(産業)がない。

【旭有機材・原田徳房執行役員管材製造所長】
旭有機材・原田徳房執行役員管材製造所長
▽15年の予測 変わらない。先行き不透明で分からない。

▽懸念材料 円安。理想レートは100円前後。法人向け減税に期待。設備投資をしやすい状況をつくってもらいたい。

【WASHハウス・児玉康孝社長】
WASHハウス・児玉康孝社長
▽15年の展望 良くなる。昨年のうちに仕込んでいた営業エリアが広島から大阪へと広がる。そこへの設備投資と新規雇用を行う。ことしも業績を伸ばせるだろう。

【住友生命宮崎支社・山田晴久支社長(県生命保険協会会長)】
住友生命宮崎支社・山田晴久支社長(県生命保険協会会長)
▽14年の景況感 良くなった。景気後退局面になると生保見直し需要は高まる。

▽15年の展望 不透明な状況はなお続くとみられ、生保見直しの動きは続く。

【アイコムティ・水居徹社長】
アイコムティ・水居徹社長
▽15年の展望 インバウンドが増え、IT産業も含めたさまざまな産業に好影響が出る。お金が動き始める。

▽懸念材料 人手不足は深刻。

【三和交通グループ・後口昌賢社長】
三和交通グループ・後口昌賢社長
▽14年の景況感 個人消費が落ち込む中でタクシー客は減ったが、インバウンドで外国人観光客は増えた。プラスマイナスゼロ。県内は口蹄疫以降、落ち込んでいるのではないか。

▽懸念材料 人手不足。労働集約型の産業には働き手がいない。雇用対策が必要になる。今の経済に大事なのは個人消費。ばらまきでは意味がなく、根本的な消費拡大策が必要。

【スパークジャパン・岡田憲明社長】
スパークジャパン・岡田憲明社長
▽懸念材料 人手不足。IT業界は徐々に深刻になりつつある。プログラマーやデザイナーなど技術者が特に足りない。東京などに人が流れている。業界全体で人材育成に力を入れていく必要がある。

【アルパネット・安達龍大社長】
アルパネット・安達龍大社長
▽14年の景況感 変わらない。鹿児島支店は良くなった。鹿児島はメーカーがよく来るが、宮崎は来ない。インフラ(新幹線)整備の重要性を実感した。

▽15年の展望 鹿児島から良い流れが来そう。東京で人手不足の影響が出ており、仕事の話を受けている。

【宮交タクシー・川端史敏社長】
宮交タクシー・川端史敏社長
▽14年の景況感 消費税と天候不順の影響をもろに受け「悪くなった」

▽懸念材料 若い人が入らず人手不足が深刻。

【関連記事】
フォーカス 賀詞交歓会・インタビュー編(上)(2015年01月15日)
フォーカス 2015年展望(2015年01月06日)
県内経済界トップに聞く 今年の展望(2015年01月06日)
景況感「良くなる」7割 県内企業50社アンケート(2015年01月06日)
フォーカス  2014年を振り返る(2014年12月25日)
2014みやざき経済回顧〈下〉(2014年12月25日)
2014みやざき経済回顧〈上〉(2014年12月23日)

アクセスランキング

ピックアップ