みやビズ

2017年9月21日(木)
フォーカス

太陽光発電をめぐる動き(下)

2013/10/22

 小規模ソーラー  経済活性化へ県も推進


 全国的に設置認可が急増している太陽光発電だが、発電出力1000キロワットを超えるメガソーラー(大規模太陽光発電所)は土地や資金面など参入には一定の資本力が必要となってくる。これに対し、県は中小企業でも取り組みやすい同10キロワット~50キロワット未満の小規模ソーラー発電を「県内経済を活性化する産業」として普及に力を注いでいる。

「自社の体力に合わせて導入」
県内から企業個人も含め多くの参加者が集まった小規模ソーラー発電マッチング会

県内から企業個人も含め多くの参加者が集まった小規模ソーラー発電マッチング会

 9月下旬、宮崎市の宮崎観光ホテルで県主催の「小規模ソーラー発電のマッチング会」が開かれ、県内から企業や個人59社70人が参加した。小規模ソーラー施設の販売・施工業者13社、融資相談を受ける金融機関4行などがブースを設け、設置を希望する中小企業関係者らに対し、具体的な設備の内容や建設費の見積もりなどを説明した。

アクセスランキング

ピックアップ