みやビズ

2018年1月23日(火)
紙面県内経済

干しシイタケ魅力発信 日南市北郷町「茸蔵」

2011/09/10
開発した3商品を手にする黒木代表(右)と、妻の智美さん。ピクルスは智美さんが数年前から自家用に作っていたものにヒントを得た

開発した3商品を手にする黒木代表(右)と、妻の智美さん。ピクルスは智美さんが数年前から自家用に作っていたものにヒントを得た

 原木シイタケ栽培の「茸蔵」(日南市北郷町、黒木慎吾代表)は、干しシイタケを使用した加工品の開発、販売を始めた。地元の製茶業者と立ち上げた食品開発プロジェクトによる第1弾の商品で、干しシイタケの新たな食べ方の提案で消費拡大を狙うとともに、地産品とのコラボレーションで地元・北郷町の活性化にもつなげたい考えだ。

アクセスランキング

ピックアップ