みやビズ

2018年12月15日(土)
紙面県内経済

小池会長、退任へ 宮銀、原口専務に代表権

2018/03/25
 宮崎銀行は23日、小池光一代表取締役会長(70)が退任すると発表した。原口哲二専務(61)が代表権のある専務に就く。6月下旬にある株主総会と取締役会を経て正式に決まる。小池氏は6月末で取締役を退く。

 小池会長は東京都出身。元日本銀行理事で2005年に宮崎銀行入り。専務、副頭取を経て08年から頭取、15年6月から現職。宮崎経済同友会代表幹事、宮崎経営者協会会長などの要職を務めている。

 退任理由について小池会長は「今年6月で頭取と会長の在任期間が計10年の節目となるので退任を決めた。頭取就任初年度が赤字決算、その後も口蹄疫や鳥インフルエンザの発生、金融業界ではマイナス金利政策の導入などさまざまな苦難があったが、業績を伸長できた。複数の公職を務めており、退任までにスムーズな引き継ぎを行うため、今のタイミングで発表した」とコメントした。

 役員人事ではほかに、河内克典取締役経営企画部長兼収益管理室長兼IT戦略室長(57)が常務取締役に昇格する。4月1日付。

アクセスランキング

ピックアップ