みやビズ

2019年7月19日(金)
紙面県内経済

売り込めみやざきブランド 農産物PR

2018/03/17
 皆さんは「みやざきブランド」と聞いて、何が思い浮かびますか? おそらく完熟マンゴー「太陽のタマゴ」や「宮崎牛」をという方が多いかもしれませんが、宮崎の食材はおいしさや鮮度などにこだわった逸品ばかり。 生産者の方々の徹底した品質管理に加え、日本一の残留農薬分析体制などに下支えされた「安全・安心」なみやざきブランドの食材が、日々の食卓を彩ってくれています。

「Karada Good Miyazaki(カラダ グッド ミヤザキ)」のコンセプト

「体にいい」情報発信

 皆さんは「みやざきブランド」と聞いて、何が思い浮かびますか?

 おそらく完熟マンゴー「太陽のタマゴ」や「宮崎牛」をという方が多いかもしれませんが、宮崎の食材はおいしさや鮮度などにこだわった逸品ばかり。

 生産者の方々の徹底した品質管理に加え、日本一の残留農薬分析体制などに下支えされた「安全・安心」なみやざきブランドの食材が、日々の食卓を彩ってくれています。

 近年は消費者の健康志向が高まる中で、県産食材の栄養機能や魅力を分かりやすく伝えるため、「Karada Good Miyazaki(カラダ グッド ミヤザキ)」をキャッチフレーズに、健康を前面に打ち出したさまざまな情報を発信しています。

 例えば冬季の晴天に恵まれる本県のピーマンは、ビタミンCの含量が標準よりも高い傾向があることを確認していましたが、さらに詳細な分析を進めた結果、昨年12月にピーマンで全国初となる「栄養機能食品」表示の付いた商品の販売をスタートしました。

 また、本県は国産冷凍ホウレンソウの約7割を生産していますが、このホウレンソウには目の健康に良いとされるルテインという成分が豊富に含まれていることから、「機能性表示食品」として国に届け出をしているところです。

 他にも完熟きんかん「たまたま」の疲労感軽減効果など、県産農産物が持つさまざまな機能の研究に期待が寄せられています。

 このように、皆さんの「健康」「美容」「カラダづくり」に役立つ県産食材の特長やブランドづくりの取り組みについて、カラダグッドをテーマとしたイベントや農産物の売り場などで積極的に発信していくことにしています。

 これからもカラダにグッドな毎日を過ごせるよう、宮崎の安全・安心な食材をおいしく味わいながら、みんなでみやざきブランドを盛り上げていきましょう!

 (県農業連携推進課みやざきブランド推進室・寺原史紀)

アクセスランキング

ピックアップ