みやビズ

2018年9月22日(土)
紙面県内経済

16日開業 ソレスト高千穂ホテル

2018/03/10

 ミネックス(宮崎市、峰山勝美社長)は、高千穂町三田井で16日に開業する「ソレスト高千穂ホテル」のプレオープンセレモニーを9日開いた。行政や観光関係者ら約50人を招待。テープカットや内覧会、地元の食材を使った料理を振る舞うレセプションなどで完成を祝った。

関係者がテープカットを行い、完成を祝ったソレスト高千穂ホテル=9日午後、高千穂町

 ミネックス(宮崎市、峰山勝美社長)は、高千穂町三田井で16日に開業する「ソレスト高千穂ホテル」のプレオープンセレモニーを9日開いた。行政や観光関係者ら約50人を招待。テープカットや内覧会、地元の食材を使った料理を振る舞うレセプションなどで完成を祝った。

 観光客向けのホテルで地上4階建て。延べ床面積は約2800平方メートル。客室は全68室で152人を収容。1階には特別和洋室8室が配され、2階以上はダブル23室、ツイン36室、体の不自由な人も利用できるユニバーサルルーム1室。2階以上はビジネス客の利用も想定している。

 訪日外国人観光客を意識して、利用客には1室に1台スマートフォンを貸し出す。日本語や英語、中国語などに設定可能で、宿泊中は通話や通信が無料で使える。峰山利成専務は「外国人の予約も既に多く来ていて、ストレスなく高千穂を満喫できるように導入した」と話す。

 レセプションで峰山社長は「計画から約3年。熊本地震の発生など苦難はあったが、天孫降臨の地にようやく開業できた。高千穂を拠点に宮崎県内の優れた観光資源をしっかりアピールしたい」とあいさつした。

アクセスランキング

ピックアップ