みやビズ

2018年6月19日(火)
紙面県内経済

綾ワイン2銘柄「金」 業界女性審査会

2018/03/06

 雲海酒造(宮崎市)の綾ワイン2銘柄が、国内ワイン業界で活躍する女性たちによる審査会「サクラアワード2018」でゴールド賞を獲得した。同社のエントリーは初めてで、1銘柄もシルバー賞に選ばれた。

 雲海酒造(宮崎市)の綾ワイン2銘柄が、国内ワイン業界で活躍する女性たちによる審査会「サクラアワード2018」でゴールド賞を獲得した。同社のエントリーは初めてで、1銘柄もシルバー賞に選ばれた。

 ワインアンドスピリッツ文化協会(東京)が主催。5回目となる今年は3日間にわたり、延べ510人の審査員が33カ国4342銘柄を審査。国産ワインは最高位のダブルゴールド賞を9銘柄、ゴールド賞を36銘柄、シルバー賞を32銘柄が獲得した。

 綾ワインでゴールド賞に輝いたのは、やわらかな甘みと華やかな香りのキャンベル・アーリー(ロゼ)=写真左=と、口いっぱいに広がる花のような香りが特徴のナイヤガラ(白)=同中。シルバー賞のデラウェア(白)=同右=は爽やかでフルーティーな味わい。

 受賞ワインは6~9日、幕張メッセ(千葉市)で開かれるアジア最大級の食品・飲料展「フーデックス ジャパン2018」で展示される。同社企画宣伝部は「今後も国産原料ブドウにこだわり、品質の一層の向上を図りながら、宮崎の気候、風土と向き合い、地元宮崎の皆さんに親しみやすく、ご愛飲いただけるワイン造りを続けていく」としている。

アクセスランキング

ピックアップ