みやビズ

2020年1月22日(水)
紙面県内経済

南九州3県でバス乗り放題 3日券8000円

2018/02/16

 九州7県と山口県下関市の高速バスや路線バス、一部船舶が乗り放題となる「SUNQ(サンキュー)パス」の運営委員会(事務局・西日本鉄道=福岡市)は、4月から使える「南部九州3日券」を発売する。

 宮崎、鹿児島、熊本の南九州3県には霧島、高千穂、桜島、人吉など魅力的な観光スポットが多い。海外の航空会社や格安航空会社(LCC)の就航・増便、クルーズ船の寄港回数増により、外国人旅行者の数が年々増えていることから、南九州への旅行需要に対応する。

 価格は8千円で、対象エリアは南九州3県。発着地が福岡、長崎、佐賀、大分県の路線では利用できない。発売日は3月20日。

 SUNQパスは現在、北部九州3日券(8千円)、全九州3日券(1万円)、全九州4日券(1万4千円)の3種類がある。利用可能なバス路線数は約2400もあり、パス購入者の約8割が外国人旅行者となっている。

 パスは海外でも販売しており、2006年の販売は6360枚だったが、15年は5万5600枚に急増。南部パスを求める利用者の声もあり商品化した。宮崎交通では「本県など南九州への外国人旅行者の需要を掘り起こしたい」と話している。

アクセスランキング

ピックアップ