みやビズ

2018年5月24日(木)
紙面県内経済

日機装、売上高1409億円 17年12月期

2018/02/15

 本県に大型の航空機部品工場を建設中の日機装(東京)は14日、2017年12月期連結決算を発表した。今回から国際会計基準(IFRS)を適用し、売上高は前期比8・4%増の1409億円、営業利益は7・4%増の87億円、純利益は4・7%増の51億円だった。

 主力の工業部門で国内向け産業用特殊ポンプの引き合いが強く、昨年買収した米国の産業ガス関連企業の売り上げも加わって増収要因となった。医療部門では、国内の血液透析事業で装置類の販売不振を血液回路など消耗品の販売がカバー。海外では中国や欧州が堅調だった。今期は宮崎工場の立ち上げに伴う先行費用や米国での企業買収関連費用が生じたが、本社関連不動産の売却益などが増益に寄与した。

 18年12月期は売上高を15・0%増の1620億円、営業利益は14・7%増の100億円、純利益は15・4%増の59億円を見込む。

アクセスランキング

ピックアップ