みやビズ

2018年10月15日(月)
紙面県内経済

ホテルメリージュ延岡、債務超過

2018/02/03

 延岡市のホテルメリージュ延岡(志多克彦社長)が、債務超過に陥ったとして、宮交ホールディングス(HD、宮崎市、菊池克賴社長)が設立した新会社に事業譲渡することが2日、複数の関係者への取材で分かった。16日の臨時株主総会と取締役会で決定する。新会社は宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタルが設立した「みやぎん地方創生1号ファンド」を引受先とする第三者割当増資を行う計画で、宮交HDと宮崎銀行が実質的な経営再建に乗り出す。

宮交HDが設立した新会社へ事業譲渡することが明らかになったホテルメリージュ延岡=2日午後、延岡市

 延岡市のホテルメリージュ延岡(志多克彦社長)が、債務超過に陥ったとして、宮交ホールディングス(HD、宮崎市、菊池克賴社長)が設立した新会社に事業譲渡することが2日、複数の関係者への取材で分かった。16日の臨時株主総会と取締役会で決定する。新会社は宮崎銀行と宮銀ベンチャーキャピタルが設立した「みやぎん地方創生1号ファンド」を引受先とする第三者割当増資を行う計画で、宮交HDと宮崎銀行が実質的な経営再建に乗り出す。

 関係者によると、ホテルメリージュ延岡は、利用者数が伸びなかったことから、直近の売上高は7億円前後にとどまっており、約23億円の債務超過となっているという。

 新会社への譲渡額は5億5千万円で、ホテルメリージュ延岡は譲渡金を返済に充てるとともに、特別清算の手続きに入るとみられる。同社は既に株主らに100%減資することや、事業譲渡に向けて同行などの金融機関が債権を放棄することで合意したことについて通達している。

 新会社名は「エンシティホテル延岡」で、1月12日に宮交HDが資本金500万円で設立した。同行と宮銀ベンチャーキャピタルは、同ファンドから新会社に4500万円を出資し、普通株を引き受けることにしている。新会社は、宮交HD傘下の宮崎観光ホテルとマネジメント契約を結び、運営を委託する。従業員の雇用は維持し、4月1日から新体制に移行する。

 ホテルメリージュ延岡は、旭化成や旭有機材のほか、地元有力企業や金融機関など65社の出資で1996年にホテルメリディアン延岡として設立。総工費約35億円をかけ、会合や婚礼に利用できる同市唯一のシティーホテルとして98年3月に開業した。地下1階、地上9階建て、客室は125室。

アクセスランキング

ピックアップ