みやビズ

2018年1月21日(日)
紙面県内経済

経済展望2018 県内トップインタビュー(1)

2018/01/10
 回復から成長へ期待が膨らむ一方、人手不足などの難題を抱える2018年の県内経済。本県を代表する経済人10人に展望や戦略を聞いた。

県商工会議所連合会・米良充典会頭

海外販路果敢に拡大

 -県内経済はどう動くか。

 海外へのチャレンジが県内産業の新たな道を開く。台湾は2017年、日本産牛肉の輸入を16年ぶりに解禁した。その第一便が宮崎牛約270キロだった。宮崎牛が現地で非常に大きく取り上げられた一方で、遅れて到着した県外産の和牛は現地での存在感をほぼ消した。先手を打つことがどれだけ大切かが身に染みた。他の産品についても、こうした取り組みを果敢に進めなければいけない。

アクセスランキング

ピックアップ