みやビズ

2020年1月26日(日)
紙面県内経済

ANAHD会長伊東氏に最高賞

2017/12/27

 ANAホールディングス会長の伊東信一郎氏(67)=写真、西都市出身=は、アジア太平洋地域の航空情報を掲載する香港の専門誌「オリエント・アビエーション」が最も優れた経営者に贈る「パーソン・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞した。伊東氏の受賞は11年に続き2度目。

 ANAホールディングス会長の伊東信一郎氏(67)=写真、西都市出身=は、アジア太平洋地域の航空情報を掲載する香港の専門誌「オリエント・アビエーション」が最も優れた経営者に贈る「パーソン・オブ・ザ・イヤー2017」を受賞した。伊東氏の受賞は11年に続き2度目。

 12月号(13日発行)で発表され、表紙を飾った。伊東氏はリーマンショック直後の09年に全日本空輸(ANA)社長に就任。経営改革により厳しい状況を乗り越え、11年には世界で初めてボーイング787型機を旅客機に導入。さらに、格安航空会社(LCC)をいち早く設立したことなど、世界をリードする航空会社へと成長させたビジネス手腕と創造力、リーダーシップを同誌は評価した。

 伊東氏は「名誉ある賞を2度も受賞でき、大変光栄。今後とも、経営の基盤である『安全』の堅持にANAグループ一丸となって取り組み、お客さま満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループとなるよう努力する」とコメントした。

アクセスランキング

ピックアップ