みやビズ

2018年7月19日(木)
紙面県内経済

九州女性起業家の事業発表 福岡

2017/12/15

 九州の女性起業家によるビジネスプラン発表会「LED(レッド)九州」は13日、福岡市であった。事前審査で選ばれた10人が出場。本県からはHeartBest(ハーベスト、延岡市)の河野靖実さんと、ウェブサイト(宮崎市)の柳本明子さんが、それぞれの事業を紹介した。

自社が手掛ける観光タクシーのインターネット予約サービスの仕組みを説明するウェブサイトの柳本明子さん

 九州の女性起業家によるビジネスプラン発表会「LED(レッド)九州」は13日、福岡市であった。事前審査で選ばれた10人が出場。本県からはHeartBest(ハーベスト、延岡市)の河野靖実さんと、ウェブサイト(宮崎市)の柳本明子さんが、それぞれの事業を紹介した。

 経済産業省の事業で発足した九州女性起業家応援ネットワークが、九州が一体となって女性の起業を継続的に支援することを目的に初開催。書類審査と面接を行い、事業の成長性や社会性などを基に出場者を決定した。順位付けはなく、自社の課題解決を図る上での企業間マッチング、サポーターとの出会いの場として位置づけられている。

 同日は女性起業家や支援企業などから150人超が来場。河野さんは妊娠中の母親の心音を録音・編集したオーダーメードCD制作事業を紹介し、赤ちゃんに聞かせることで寝かしつけ、泣きやませに高い効果があるとした。

 柳本さんは、充実した観光体験には二次交通が重要だと考えて事業化した、当日予約も可能な観光タクシーのインターネット予約サービスについて説明した。2人とも事業内容だけでなく、それぞれの事業に懸ける思いや夢を熱心に伝えた。

 最後に、金融機関や一般企業などの「サポーター」が応援したい出場者への支援を名乗り出るサポーター賞の発表があり、河野さんは宮崎銀行や宮崎太陽銀行など4社、柳本さんはJR九州やソラシドエアなど9社から事業成長に向けた継続的な支援を取り付けた。

アクセスランキング

ピックアップ