みやビズ

2018年7月21日(土)
紙面県内経済

「アクシー」県内初披露 旭化成共同開発車

2017/12/06

 旭化成延岡支社(竹本常夫支社長)は5日、同社グループの自動車関連の最先端技術を結集したコンセプトカー「AKXY(アクシー)」を、県内で初めて延岡市のイオン延岡店で披露した。

旭化成などが開発し、県内初披露されたコンセプトカー「AKXY(アクシー)」

 旭化成延岡支社(竹本常夫支社長)は5日、同社グループの自動車関連の最先端技術を結集したコンセプトカー「AKXY(アクシー)」を、県内で初めて延岡市のイオン延岡店で披露した。

 アクシーは全長約4・7メートル、幅約1・8メートルの3人乗りで、金属材料の代わりに軽量なエンジニアリング樹脂を使用。ドライバーの表情から心拍数を読み取る最先端技術など、旭化成の部材やシステム27品目を搭載している。

 披露式で竹本支社長は「旭化成が持つ技術を結集し、先進的なデザインが特徴。車の未来を感じてもらいたい」とあいさつ。早速買い物客らが乗り込み、感心しながら内装やシステムを確かめていた。

 「自動車の安全・快適・環境への貢献」をテーマに旭化成と電気自動車メーカー「GLM」(京都市)が共同開発し、5月に発表していた。旭化成は「軽量化素材などを自動車メーカーにPRして、関連事業拡大につなげたい」としている。

アクセスランキング

ピックアップ