みやビズ

2017年12月15日(金)
紙面県内経済

フュージョン(都城)認定 GAPチャレンジシステム

2017/12/06
 鶏卵生産・販売のフュージョン(都城市、赤木八寿夫社長)は5日、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村での食材提供基準となるGAPの取得に向けた取り組みを評価する「GAP取得チャレンジシステム」の確認済み農場に認定されたと発表した。全国八つの畜産関連企業、農場が中央畜産会(東京)から認定され、県内企業は同社のみで鶏卵生産企業としても全国で初めて。同社は「安全な卵を提供し、販売店や消費者にも安全安心への取り組みを周知したい」としている。

GAP取得チャレンジシステムの認定を受けたフュージョンのGPセンター=都城市高城町

五輪選手村食材提供へ弾み

 鶏卵生産・販売のフュージョン(都城市、赤木八寿夫社長)は5日、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村での食材提供基準となるGAPの取得に向けた取り組みを評価する「GAP取得チャレンジシステム」の確認済み農場に認定されたと発表した。全国八つの畜産関連企業、農場が中央畜産会(東京)から認定され、県内企業は同社のみで鶏卵生産企業としても全国で初めて。同社は「安全な卵を提供し、販売店や消費者にも安全安心への取り組みを周知したい」としている。

アクセスランキング

ピックアップ