みやビズ

2018年7月20日(金)
紙面県内経済

高鍋メモリードホール完成 来月オープン

2017/11/22

 メモリード宮崎(宮崎市、大漉=おおすき=光好社長)が高鍋町持田に建設していた葬祭ホール「高鍋メモリードホール」が完成、12月1日にグランドオープンする。同社の斎場としては県内18施設目、家族葬から社葬まで対応する。

完成を祝い、テープカットする吉田茂視代表(左から4番目)ら=21日午後、高鍋町

 メモリード宮崎(宮崎市、大漉=おおすき=光好社長)が高鍋町持田に建設していた葬祭ホール「高鍋メモリードホール」が完成、12月1日にグランドオープンする。同社の斎場としては県内18施設目、家族葬から社葬まで対応する。

 敷地は小丸出口交差点北側の約4600平方メートル、建物は木造平屋で延べ床面積約800平方メートル。天井を格子状に仕切った格天井を持つ「天海」と、「月山」の二つのホールを備え、それぞれ180人、60人が参列でき、両ホールをつなぐと最大300人を収容できる。駐車場は140台を止められる。

 21日に現地で竣工(しゅんこう)祝賀会があり、関係者約120人が出席。メモリードグループの吉田茂視代表が「一件一件大切にお世話させていただき、地元に必要な企業として頑張っていきたい」とあいさつした。

 オープン前の23~30日にはオープニングイベント(午前10時~午後3時)を開催。祭壇・必需品展示会や互助会などの説明会のほか、落語家・三遊亭歌之介さんの独演会(24日午後2時から)など日替わりのステージイベント、宮崎牛などが当たる抽選会などがある(28日は休み)。問い合わせは高鍋メモリードホール(電話)0983(32)7979。

アクセスランキング

ピックアップ