みやビズ

2017年12月15日(金)
紙面県内経済

共立電機の配電盤 新国立競技場に採用

2017/11/17

 宮崎の技術が、感動の舞台を照らす-。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場に、共立電機製作所(宮崎市高岡町、米良充典社長)の高圧受配電盤が採用された。高度な技術と実績が評価され、納入される配電盤は548面体。競技場のほとんどの電源を管理することになる。

null

2020年開催東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の受配電盤設備を受注した共立電機製作所の工場

 宮崎の技術が、感動の舞台を照らす-。2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場に、共立電機製作所(宮崎市高岡町、米良充典社長)の高圧受配電盤が採用された。高度な技術と実績が評価され、納入される配電盤は548面体。競技場のほとんどの電源を管理することになる。

アクセスランキング

ピックアップ