みやビズ

2018年10月21日(日)
紙面県内経済

人呼び込み消費拡大を 宮日広親会セミナー

2017/11/15
本県の経済は緩やかに回復していると解説する宮阪さん=14日午後、宮崎市・宮日会館

本県の経済は緩やかに回復していると解説する宮阪さん=14日午後、宮崎市・宮日会館

 宮崎日日新聞社の広告主でつくる宮日広親会(佐藤勇夫会長)の実務者セミナーは14日、宮崎市の宮日会館であった。参加した24人を前に、日本銀行宮崎事務所長の宮阪隆彦さんが「宮崎県経済の展望」と題して講演した。

 宮阪さんは、県内の現状について、個人消費は底堅く、企業の景況感は改善しており景気は緩やかに上向いていると指摘し、「来年以降も順調に回復する」と見通した。一方で、全国と比較すると勢いは弱く「県民は景気回復を実感していないのが現状」と強調した。

 その上で、「スポーツランドみやざき」の特長をもっと生かし、多くの人を県内に呼び込んで消費を拡大させることを提案。「医療や食と組み合わせた宮崎ならではのスポーツタウンをつくり、全国から人が足を運ぶような場所にしよう」と呼び掛けた。

アクセスランキング

ピックアップ