みやビズ

2017年12月17日(日)
紙面県内経済

拓け!海外市場~宮崎発 見本市

2017/10/07

 少子高齢化などで国内市場の縮小が懸念される一方、世界では日本食に対する関心が高まっています。特に香港では、本県からの食料品および飲料品の輸出額が右肩上がりで増加しており、2015年は前年比1・5倍となる約7億円に達しました。これは本県の食品輸出額全体の4分の1に当たり、第1位のアメリカに次ぐ規模です。地理的近接性や、規制が少なくて関税がないなど輸出障壁の低さも、香港向け輸出の追い風になっていると考えられます。

レストラン&バー香港2017での宮崎県ブースの様子

 少子高齢化などで国内市場の縮小が懸念される一方、世界では日本食に対する関心が高まっています。特に香港では、本県からの食料品および飲料品の輸出額が右肩上がりで増加しており、2015年は前年比1・5倍となる約7億円に達しました。これは本県の食品輸出額全体の4分の1に当たり、第1位のアメリカに次ぐ規模です。地理的近接性や、規制が少なくて関税がないなど輸出障壁の低さも、香港向け輸出の追い風になっていると考えられます。

アクセスランキング

ピックアップ