みやビズ

2017年10月21日(土)
紙面県内経済

キヤノン 高鍋に新工場<中>

2017/09/23
 キヤノンが新工場を建設する予定地は高鍋町の南九州大・高鍋キャンパス。2010年に都城市へ完全移転し、地域経済は打撃を受けた。

 町内でコンビニエンスストアを経営する松尾正博さん(70)はキャンパスの移転前、同大学生をアルバイトで常時7、8人雇っていた。

地域経済 人口増や活性化期待

南九州大・高鍋キャンパスの移転に伴い、多くの空室が生じたアパートに手を加えるなどし、社会人ニーズを取り込んだ吉野不動産の物件

地域経済 人口増や活性化期待

 キヤノンが新工場を建設する予定地は高鍋町の南九州大・高鍋キャンパス。2010年に都城市へ完全移転し、地域経済は打撃を受けた。

 町内でコンビニエンスストアを経営する松尾正博さん(70)はキャンパスの移転前、同大学生をアルバイトで常時7、8人雇っていた。「移転後は働き手の確保に苦しんだ。学生客もゼロになり、経営への打撃だけでなく、とても寂しい思いをした」と振り返り、キヤノン進出を「世界のトップ企業であり、計り知れないインパクトがある。にぎわいを生み、あらゆる面で弾みがつく」と喜ぶ。

アクセスランキング

ピックアップ