みやビズ

2018年7月16日(月)
紙面県内経済

JR九州社長ら講演 商業界ゼミ始まる

2017/09/14

 九州・沖縄の商業者が集う第52回商業界九州沖縄ゼミナール宮崎IN延岡(商業界九州沖縄連合同友会主催)が13日、延岡市のホテルメリージュ延岡で始まった。会員ら350人が消費者の変化に対応するヒントを得ようと、幅広いテーマの講演に聞き入った。14日まで。

商業界九州沖縄ゼミナール宮崎IN延岡で講演するJR九州の青柳社長=13日午後、延岡市

 九州・沖縄の商業者が集う第52回商業界九州沖縄ゼミナール宮崎IN延岡(商業界九州沖縄連合同友会主催)が13日、延岡市のホテルメリージュ延岡で始まった。会員ら350人が消費者の変化に対応するヒントを得ようと、幅広いテーマの講演に聞き入った。14日まで。

 JR九州の青柳俊彦社長は「九州を元気に!」と題し、同社の発足から株式上場までの歩みを紹介した。駅ビル・不動産事業などに積極参入する一方、鉄道事業ではローカル線に観光列車を投入。地域のにぎわい創出とともに利用者増を実現し、2016年度決算(単体)で経常利益475億円を達成した。「九州を元気にする事業を続け、会社も発展していきたい」と締めくくった。

 同ゼミは戦後混乱期の利益優先の風潮を変えようと、雑誌「商業界」を創刊した故倉本長治さんが1951(昭和26)年、商業者を集めて開いたのが始まり。延岡での開催は15年ぶり2度目。

アクセスランキング

ピックアップ