みやビズ

2017年9月21日(木)
紙面県内経済

宮崎太陽銀利益剰余金141億円

2017/09/08
 宮崎太陽銀行(林田洋二頭取)の利益剰余金が2017年3月期で141億円となり、10年3月に国から注入されていた公的資金130億円を初めて上回った。また、公的資金を受けている全国9地銀のうち、同行のみがコア業務純益など4項目全ての数値目標を達成。日銀のマイナス金利政策や金利競争で収益環境が悪化する中、同行がどのように利益を積み上げたのか探った。
強化計画忠実に実行 中小企業支援で成果

収益環境が厳しい中、公的資金の注入額を上回る利益剰余金を積み上げた宮崎太陽銀行本店

収益環境が厳しい中、公的資金の注入額を上回る利益剰余金を積み上げた宮崎太陽銀行本店

20170907-2017090800701.jpg
 宮崎太陽銀行(林田洋二頭取)の利益剰余金が2017年3月期で141億円となり、10年3月に国から注入されていた公的資金130億円を初めて上回った。また、公的資金を受けている全国9地銀のうち、同行のみがコア業務純益など4項目全ての数値目標を達成。日銀のマイナス金利政策や金利競争で収益環境が悪化する中、同行がどのように利益を積み上げたのか探った。

■     □

アクセスランキング

ピックアップ