みやビズ

2018年4月23日(月)
紙面県内経済

県内企業立地、最多49件 昨年度

2017/05/17
 県内の2016年度の企業立地件数が前年度比2件増の49件で、過去最多となったことが16日分かった。同日、県庁であった県企業立地推進本部会議で、県が明らかにした。県企業立地課は「本県の交通インフラが整ってきたことや、都市部の人手不足で企業の地方進出が加速していることが背景にある」としている。

 同課によると、全体49件のうち県外新規は23件。立地企業による最終雇用予定者は1815人を見込んでいる。宮崎市高岡町に航空機部品工場を建設予定で、500人の雇用を計画している日機装(東京)の大型案件が雇用者数を押し上げた。

 業種別では、製造業23件と情報サービス産業21件を合わせて9割弱を占めた。製造業はフードビジネス関連が10件と好調。情報サービス産業は、21件のうち18件(85・7%)が県外新規だった。

 過去5年の企業立地件数は12年度35件、13年度31件、14年度40件で推移。15年度がこれまでの最多の47件だった。

 県は県総合計画アクションプランで、15~18年度に県外新規50件を含む立地件数150件、最終雇用予定者6千人の目標を掲げている。折り返しとなる16年度末までの実績は立地件数96件(進捗=しんちょく=率64%)で、このうち県外新規43件(同86%)。最終雇用予定者数3709人(同62%)となっている。

アクセスランキング

ピックアップ