みやビズ

2018年5月20日(日)
紙面県内経済

ソラシド売上高381億円 最高

2017/04/21

 ソラシドエア(宮崎市)は20日、2017年3月期の売上高に当たる営業収入が381億円、営業利益が39億円、純利益が24億円となり、いずれも過去最高となる見込みであることを発表した。熊本地震の復興支援策「九州ふっこう割」で搭乗客が増えたことや、為替相場が円安に振れたことが主な要因。

 昨年4月の熊本地震で132便が欠航。しかし、九州各県での宿泊費用を国が補助する九州ふっこう割や、同社独自の特別割引運賃により、搭乗客数は前期比5%増となった。

 これに加えて、同社はあらかじめ基準価格を決めたドル建てで機材リース代や燃料費の一部を決済しており、円安によって燃料費を圧縮できたことが好材料になったとみられる。ふっこう割が終了した今年1月以降は、被災地の復興需要などでビジネス客の搭乗が伸びているという。

 17年3月期は前期比で売上高は1億円増、営業利益は19億円増、純利益は15億円増となる見込み。

 高橋洋社長は「外的要因がプラスに作用した。主力機材が新しく、燃料費や整備費などの運航コストが低いことも収益につながった」と分析した。

アクセスランキング

ピックアップ