みやビズ

2017年5月1日(月)
紙面県内経済

ソラシド国際定期目指す

2017/04/21

 ソラシドエア(宮崎市、高橋洋社長)は20日、2017~20年度の4カ年の中期経営計画を発表した。20年開催の東京五輪・パラリンピックに向け、国際定期路線と国内新規路線の開設を計画の柱に据えた。これに伴い主力機のボーイング737-800を2機増やし、14機体制とする。

2017~20年度の中期経営計画について説明するソラシドエアの高橋洋社長(右)=20日、宮崎市・県庁

 ソラシドエア(宮崎市、高橋洋社長)は20日、2017~20年度の4カ年の中期経営計画を発表した。20年開催の東京五輪・パラリンピックに向け、国際定期路線と国内新規路線の開設を計画の柱に据えた。これに伴い主力機のボーイング737-800を2機増やし、14機体制とする。

アクセスランキング

ピックアップ