みやビズ

2018年7月19日(木)
紙面県内経済

太陽銀、イクボス宣言 九州金融機関で初 管理職ら

2017/01/31

 宮崎太陽銀行の役員、管理職約150人は、部下が子育てや介護と仕事を両立できるよう配慮し、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司「イクボス」となることを宣言した。宮崎市の同行本店で28日に開いた土曜講座でイクボスとしての心構えや覚悟を学び、宣言書に署名した。イクボス養成に取り組むNPO法人ファザーリング・ジャパン(東京)によると、九州の金融機関の宣言は初めて。

イクボス宣言をした宮崎太陽銀行の役員、管理職ら約150人=28日午前、宮崎市

 宮崎太陽銀行の役員、管理職約150人は、部下が子育てや介護と仕事を両立できるよう配慮し、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司「イクボス」となることを宣言した。宮崎市の同行本店で28日に開いた土曜講座でイクボスとしての心構えや覚悟を学び、宣言書に署名した。イクボス養成に取り組むNPO法人ファザーリング・ジャパン(東京)によると、九州の金融機関の宣言は初めて。

 土曜講座では同法人副代表理事の小津智一さんが、自らが社長を務める保育サービス会社で残業削減に本気で取り組み、スタッフの心身の負担を軽減したことで笑顔と余裕が戻り、結果的に業績も向上したことを紹介。「経営理念は経営トップと管理職の姿勢と覚悟を持って組織全体へ浸透させないと、絵に描いた餅になってしまう」と説いた。

 その後、林田洋二頭取が(1)職場の業務改善や事務処理体制の見直しに知恵を絞り、早期退行、休暇の取りやすい職場にする(2)コミュニケーションの活発な職場環境づくりに向け、部下との対話を大切にする-などを盛り込んだ宣言文を読み上げた。

 同行は女性活躍推進法に基づき、2019年度までに有給休暇の取得率を40%以上とすることなども数値目標に掲げている。林田頭取は「女性活躍推進と長時間労働の是正が働き方改革の重要なキーワードになる。イクボス宣言を契機に、さらに改革を強力に推し進めよう」と呼び掛けていた。

アクセスランキング

ピックアップ