みやビズ

2017年7月26日(水)
紙面県内経済

経済展望2017 県内トップインタビュー(4)

2017/01/12
 景気の緩やかな回復基調が続くとの予想がある一方、先行きに不透明感も漂う2017年。本県を代表する経済人に展望や経営戦略を聞いた。
 景気の緩やかな回復基調が続くとの予想がある一方、先行きに不透明感も漂う2017年。本県を代表する経済人に展望や経営戦略を聞いた。

宮崎山形屋・山下隆幸社長

100周年で原点に返る
宮崎山形屋・山下隆幸社長
  -今年の経営環境をどう見る。

 楽観はできないが、決して悲観もしていない。昨年を振り返ると、経営環境が持ち直したとまではいかないが、少し落ち着いた。個人消費は下げ止まった感があり、今年もその状態が続くだろう。一方で、旅行や健康づくりといった「コト」への消費が増えており、私たち小売業もワクワク、ドキドキするようなことをやらないと、足を運んでもらえない。

アクセスランキング

ピックアップ