みやビズ

2017年11月22日(水)
紙面県内経済

経済展望2017 県内トップインタビュー(3)

2017/01/11
20170110-biz20170110top.jpg 景気の緩やかな回復基調が続くとの予想がある一方、先行きに不透明感も漂う2017年。本県を代表する経済人に展望や経営戦略を聞いた。
 景気の緩やかな回復基調が続くとの予想がある一方、先行きに不透明感も漂う2017年。本県を代表する経済人に展望や経営戦略を聞いた。

旭化成延岡支社・山添勝彦支社長

為替に左右されない
旭化成延岡支社・山添勝彦支社長
 -次期米大統領の経済政策への期待から円安基調が続いている。

 円安に振れることは輸出の比率が高い私たちのような企業にとってプラス。しかし、20日のトランプ政権発足後、政策がどのように推移していくのか見通せず、急激に円高となる可能性もゼロではない。ただ、為替の動きによって経営戦略を変えることはない。

アクセスランキング

ピックアップ