みやビズ

2018年4月24日(火)
紙面県内経済

九州金融機関で初、Tポイント導入 太陽銀

2017/01/11

 宮崎太陽銀行は10日、国内最大の共通ポイントサービス「Tポイント」を運営するTポイント・ジャパン(東京)と業務提携し、カードローンを対象にTポイントを付与するサービスを始めた。九州の金融機関で同社との業務提携するのは同行が初めて。

 対象となるのは、提携を機に開発したカードローンの新商品「Tポイント×Taiyoパワーカードローン」。事前に同行窓口でTポイントの会員番号を申請すると、毎月の返済額100円につき1ポイントを付与。返済日の翌月にポイントが反映される。ポイントは県内に549店舗(昨年11月時点)あるTポイント提携店で使用できる。

 Tポイント・ジャパンによると、本県では県民の約4割がTカードを保有。顧客の利便性向上や他の金融機関との差別化を図ろうと約1年前から協議を始め、昨年11月30日に業務提携を締結した。

 今後はカードローン以外の商品やサービスでもポイントを得られる仕組みづくりをしていくという。

 宮崎市の同行本店で10日、記者会見があり、河野文一常務は「お客さまにとって貸し出しの際の低金利もメリットがあるが、付加価値を高める取り組みとして広く利用してもらい、地域と顧客をつなぐ役割を果たしたい」と話した。

アクセスランキング

ピックアップ