みやビズ

2018年5月24日(木)
紙面県内経済

宮崎市・フィットネス運営 サン・アカデミー破産へ

2017/01/07

 帝国データバンク宮崎支店は6日、宮崎市の会員制フィットネスクラブ「サンテリナ」を運営するサン・アカデミー(宮崎市)が自己破産申請の準備に入ったと発表した。負債総額は約6億円。

 同社は、1985(昭和60)年に創業者が勤務していたスイミングスクール「サンフラワースイミング」(同市大塚町)の経営を譲り受ける目的で設立。91年には同市城ケ崎にサンテリナをオープンし、ピークの93年3月期は約2億7千万円の売り上げがあった。

 サンテリナ開業に伴う多額の有利子負債を抱える中、近年は同業他社によるフィットネスクラブ開設などで競争が激化し、会員が減少。2016年3月期の売り上げは約1億5千万円まで落ち込んでいた。

 人件費抑制やサンフラワーの事業売却による有利子負債の圧縮などに努めたが、資金繰りが改善せず、昨年12月27日に事業を停止していた。

アクセスランキング

ピックアップ