みやビズ

2019年10月15日(火)
紙面県内経済

起業アイデア、目標語る 創業サポート卒業生5人

2016/12/17

 宮崎市と宮崎商工会議所が運営する無料貸しオフィス「みやざき創業サポート室」から巣立った起業家による成果報告会は11日、同市橘通東4丁目の同サポート室であった。今年8月まで1年間入居していた8人のうち5人が、現在の入居者など約40人を前に会社やプロジェクトの現状を紹介した=写真。

 宮崎市と宮崎商工会議所が運営する無料貸しオフィス「みやざき創業サポート室」から巣立った起業家による成果報告会は11日、同市橘通東4丁目の同サポート室であった。今年8月まで1年間入居していた8人のうち5人が、現在の入居者など約40人を前に会社やプロジェクトの現状を紹介した=写真。

 “卒業生”らは中心市街地に野菜直売所を兼ねた共有オフィス(コワーキングスペース)を作る計画や、綾町産の規格外野菜をふるさと納税の返礼品として活用するアイデアなどを発表。「来年度は年商1億円を目指す」「安心でおいしい山村の手料理を街で食べられる仕組みを作りたい」などと目標を語った。

 質疑応答では、現在の入居者らに「夢を語っても、ここならみんなが応援してくれる」とエールも。今年9月から同サポート室に入り、発達障害のある子どもたちに学習支援を行う人材育成のビジネス化を目指す辛島育代さん(42)は「自分もサポート室でいろんな人と出会って、視野を広げていきたい」と刺激を受けた様子だった。

アクセスランキング

ピックアップ