みやビズ

2020年2月24日(月)
紙面県内経済

九州・山口ベンチャー催し 本県6社もアピール 福岡

2016/02/24
福岡市であった、ベンチャー企業の技術や商品を発信する九州・山口ベンチャーマーケット

福岡市であった、ベンチャー企業の技術や商品を発信する九州・山口ベンチャーマーケット

 ベンチャー企業の技術や商品を発信する九州・山口ベンチャーマーケット(同実行委主催)は23日、福岡市のホテルオークラ福岡であった。本県の6社を含む九州と山口の情報通信や環境分野などの57社が参加。事業化に向けた資金集めや販路獲得を目指して来場者にアピールした。

 九州・山口の各県知事と経済団体でつくる九州地域戦略会議が、本年度の雇用創出策としてベンチャー企業支援に取り組むことを確認したのを受け、約15年前から福岡県が取り組んできたイベントを拡大して開催した。

 本県からは、みやざきスタートアップセンターが昨年11月に行ったビジネスプランコンテストで1次審査を通過した企業が参加。発熱剤を使った非常用調理器具を展示したエフ・テック(宮崎市)の福元孝典社長は「福祉施設などから興味を持ってもらった。ベンチャー企業の技術を理解してもらうありがたい場」と話していた。

 ビジネスプラン発表会には音楽スクール「Pita Pat」(ピット・ア・パット、宮崎市、馬渡松子代表)が出場し、アニメソングコンテストや楽曲配信などの事業を売り込んだ。

アクセスランキング

ピックアップ